不動産屋との契約であったら便利、必要なものはコレだ!

遠慮をせずに、聞きたいことは早めに確認するのが鉄則です。

家を借りる、あるいは買うという目的のために不動産屋に行くとしたら、進行していくタイミングによって持っていくべきものは変わります。
たとえば、まず最初に不動産を探すために不動産屋に赴く場合、自分が住みたい理想の物件の条件を書き記したものなどを持参すれば、物件探しもスムーズに始まることになります。
いくつか候補が決まれば、いよいよ実物を見に行くことになりますが、この段階がいちばん、持っていくのに必要なものが増えることになります。

代表的なものとして、家そのものがきちんと建っているかを判断するために用いるのが三角定規です。
戸の枠に当ててみることで、立てつけがしっかりしているかどうかがわかります。
まっすぐになっていないとだんだん戸が開いてきたり、あるいは開けにくい、閉めにくいといった状況になってきます。

さらにはコンパスを使って家の向きを測っておくことも重要です。
前もって聞かされていた話では、南向きで日当たり良好とされていたものの、実際には違っていたということがまれにあります。
晴れの日に行くことができれば確認できますが、もしも見に行く日が曇りだった場合に備えてこれも必要なものです。

メジャーもあると便利です。
もし、その家が気に入って有力候補となった場合、家具が搬入できるかといったことを確認するために、ドアの大きさなどを採寸しておくのです。
特にピアノのような大型のものを運び込めるだけのサイズがあるか、そして部屋の中にも十分おけるかどうかを前もって測っておけば、契約したあとで、入らなくて困ったということを避けられます。

これらの情報を書き留めるための筆記用具は当然必要ですし、記録に残すという点ではデジカメも便利です。
特にあとで写真で確認できるようにしておくと、家族の誰かから自分が気づかなかった点について指摘され、契約前に気づけてよかったということもあるからです。

不動産屋側としては、できるだけ早く入居者が決まってほしいでしょうし、購入してもらえるとなればなおさらです。
けれど、物件を探す側としては焦って決めることなく、じっくり検討することが大事でしょう。
急いでいるのでなければ、ここは十分時間をかけるべきところです。

不動産屋に赴いて物件情報を探して提示してもらうのも、実際に足を運んで物件の中身を見るにも、ともすれば件数が多くなると不動産屋に遠慮してしまうこともあるかもしれませんが、そこは気持ちを強く持って、嫌な顔をされても果敢に迫っていく気概が必要です。
後になって不都合がいろいろ出てきて、それを不動産屋に相談に持ち込むより、契約前に隅々までチェックしておいた方が、契約したあとでトラブルが少なくて済むからです。
嫌な顔をされたら、こちらは全身全霊をかけて物件探しをしているのだから、そちらも付き合って下さいと言えるくらいの度胸も必要でしょう。
もしそれが言えない気の弱い人であれば、誰か気の強い人に付き合ってもらうことも必要です。

あるいは、物件を見るにあたって必要なものをいろいろ持参し、吟味に吟味を重ねて検討している姿を見れば、おそらく不動産屋の方もこのお客さんはみるべきところをしっかり知っていて、それを確認するだけの知識を持っているとわかるはずです。
そうしたお客相手になら、より真剣に向き合い、契約にこぎつけるまで付き合ってくれるはずですので、何よりもこちらの姿勢が重要になってくるのは言うまでもありません。
必要なものを持って行って、理想の不動産を見つけるぞという姿勢を見せることが、結果的にはその熱意が相手に伝わり、不動産の契約まで付き合ってくれることになって、お互いにいい気分で契約に至ることができる大きな要因となることは間違いありません。